藤沢の法律事務所の相続コラム47

2020/06/11
ロゴ

藤沢かわせみ法律事務所です。

今回は、「相続放棄と代襲相続」についてご説明させて頂きます。

 

〔事例〕

A:親

B:子供

C:孫

 

代襲相続とは、本来、相続人となるべき者が、相続発生よりも前に死亡していたり等する場合に、その子供(直系卑属)が相続人になることを言います。上の事例で言うと、Aが死亡するよりも前に、Bが死亡していた場合、CがAの相続人となります。

 

一方、相続放棄は、その手続きをした者は、その相続に関しては、初めから相続人とならなかったものとみなす(民法939条)とされています。一見すると、Bが相続放棄をしたことによって、Bの相続権がCに世襲されるとも思われるかもしれません。

しかし、Bが相続放棄したことによって、Bの相続権がCに世襲されることはありません。

また、Bの祖父母(「D」とします。)の相続が、Aの死亡よりも後に発生した場合、Bは代襲相続によってDの相続人としての権利を有することになります。このことは、BがAの相続において相続放棄をしていたとしても変わりありません。民法939条には、「その相続に関しては」と規定されていますので、相続ごとに考える必要があります。そのため、Bが、Dの相続に関しても放棄したいと考えるのであれば、別途、相続放棄の手続きが必要となります。

 

藤沢市、鎌倉市、茅ヶ崎市近郊で、代襲相続に関してお困りでしたら弁護士松永大希(藤沢かわせみ法律事務所)までご連絡下さい。

電話 0466-52-5637|受付時間は10:00~18:00

メール info@kawasemi-law.com